脇の黒ずみ原因と黒ずみケアの解消方法は

脇の黒ずみの原因について。

カミソリや毛抜きを使い脇のムダ毛を処理していると、自己処理でできた小さな傷口から雑菌が入り炎症を起こすことがあります。炎症が繰り返して起こるとせっかく脱毛をしても、黒ずみができてしまい肌が綺麗にはなりません。
非常にデリケートな薄い脇の皮膚に、ムダ毛の自己処理で刺激を与えると肌を守ろうとする防衛反応が起こり、メラニン色素が集まってきて色素沈着が起こります。脱毛により肌に負担をかけてしまうことで黒ずみを発生させてしまうのです。皮脂汚れなどの毛穴の汚れも黒ずみの原因になりますが、こちらスクラブを使い毛穴の中までしっかりと洗うことですぐに改善することが可能です。
メラニン色素による色素沈着は、一度できてしまうと元の状態に戻すには長い時間がかかるので、正しい脱毛法で黒ずみができるのを防ぐようにしてください。
カミソリを使う時はすべりを良くするためにシェービングクリームを塗ってから行ったり、毛抜きを使う時は蒸しタオルを使って十分に毛穴を開かせてから行うと良いでしょう。どちらの方法も清潔な環境下で行うように気を付けてください。
脇のムダ毛の自己処理後は、肌が刺激を受けて乾燥するので、抗炎症効果のあるローションを使い十分に保湿をすることも大切です。

脇の黒ずみをとる方法をご紹介します

脇が黒ずんでしまった時でも自己対策でとり除ける場合があります。
まずはしっかりと保湿をして肌を乾燥させないようにすることです。脇の黒ずみをとる方法としてはターンオーバーを良くすることが大切なのですが、乾燥気味の場合ですと代謝が落ちてしまいますので黒ずみも消え難くなってしまうのです。その為、保湿クリームなどを使って潤い補給をすることが大切ですし、ターンオーバーを促進することで黒ずみも薄くすることができます。
なお、脇の保湿をする際に有効とされているのが尿素が配合されているクリームを使用することです。尿素には古い角質をとり除き易くさせる作用がありますので、黒ずみの原因になっているメラニン色素の排出も促すことができるのです。古い角質が除去されればターンオーバーもスムーズになりますので黒ずみ対策として活用してみると良いでしょう。
刺激を与えないように気を配ることも大事なポイントです。
そもそも刺激を与えてしまうと黒ずみが発生し易くなります。例えば毛抜きでムダ毛処理をしている場合は肌への刺激になってメラニン色素も増加してしまうのです。黒ずみの原因からなくしていかないと改善され難くなりますので、無理なムダ毛処理は控えるなどした方が良いと言えます。